タクシーとハイヤーのドライバー業務の違い

普通二種免許や中型二種免許を取得した方であれば、収入アップに向けて免許を活かした仕事に就きたいと思う方は多いのではないでしょうか。一般的に、二種免許を活用できる仕事にはタクシーが思い浮かぶと思いますが、お客さまを乗せる業務には、ハイヤーのドライバーという仕事もあります。

タクシーは、車両に料金メーターが設置され、利用者に対して距離や時間に応じて料金が発生する形態の営業車両です。大都市では、駅前や会社の前に待機して乗客を待ったり、大通りを走行しながら、乗客を探して乗せるといった流し営業を実施しています。一方で、ハイヤーには料金メーターはなく、お客さまからの要請に基づいて、ドライバーと車を派遣し業務提供を行います。

法律ではタクシーとハイヤーは区別された定義は設けられていませんし、タクシーにもハイヤーと同様に利用者の呼び出しで迎えに行く迎車というシステムがあります。ただし、タクシーは短距離向きである一方で、ハイヤーは予約制で貸し切りとなるため、長時間かつ中長距離の移動で利用されることが多いです。あらかじめ貸し切りとなるハイヤーは、高級感を持たせている点も特徴です。乗客を探しながら運転をする必要もないため、車両に社名などが書かれていない格式のある黒塗りである場合が多いです。また、高級車が使われ乗り心地は快適ですし、内装にも音響システムや飲料がそろったものが用意されています。

ハイヤーのドライバーをするメリットは、やりがいを感じられるという点です。利用する乗客は、企業の大切なポストや重役であることが多く、長期間にわたり専属のドライバーとして働くということが多いです。その点で、コミュニケーションを取る機会が増えたり、信頼関係ができることで相手を思いやる気持ちを持つことができます。性格や好み等まで加味した細かなサービス提供を行うことが可能になったり、感謝されることが増えれば、それらは大きなやりがいになると言えるでしょう。

そして、未経験でもチャレンジできる職業であることです。特にお客様に対峙する接客業や営業の経験者、その土地の地理に詳しいといった自信を持っている方なら向いています。最近ではカーナビが設置されていて道案内してもらえますが、ハイヤーでは、それに加えて何かあったときの自己判断や迂回ルートの把握など、計画性を要すことがあります。時間に正確でなければならないことや、安心と安全も一緒に提供しているという運転技術もあわせて必要なので、しっかりと教育を受けて業務にあたる必要があります。