ハイヤーはドライバーも上質

ハイヤーは、予約を入れた利用客のために車を走らせるものです。そのため、利用客が乗車している距離あるいは時間で料金が発生するのがタクシーと異なり、ハイヤーは車が営業所を出てから帰るまでの間も含められます。タクシーとの違いはそれだけではありません。目的地まで連れて行ってくれる乗り物であることについては同じですが、そこまでの過程が異なります。流しのタクシーをつかまえるのとは異なり、ハイヤーは事前予約が必要です。時間や場所を決めて指定しておき、そこまで送迎をお願いできるのが特徴です。

いわば利用客が契約をすることで車両とドライバーを借りられるサービスですから、その場で詳細を決めるのではなく、事前の打ち合わせをして内容を決めて、それに合わせて移動ができます。しかし、ただ向かうだけならほかの交通手段と変わりません。ハイヤーには、それ以外の利用価値があるとされ、一般的に持つ高級というイメージに反することのない格式と、過ごしやすさがあります。

ベテランのドライバーなら、タクシーでもハイヤーでも運転技術に優れているでしょうが、ハイヤーは上質の接客を行うことが求められます。利用者の安全な移動を心がけた運転技術はドライバーにとって必須と言え、そのまま付加価値となって利用者の満足度にもつながることでしょう。また、車内は利用者それぞれの専用の空間となるため、ドライバーの心使いがそのまま反映されます。ハイヤーは、特にVIPや上役の方が利用するシーンが多いですから、時には仕事場になったり電話などで商談が行われる場になります。そのため、プライバシーにかかわる内容が聞こえてくることもあります。色々見聞きすることから、情報の取扱いに十分に注意し情報をもらすことがないよう教育が行き届いています。

また、専属でドライバー契約をするパターンが多いため、信頼と安心が求められます。一人ひとりの利用者に対して、室内の温度や乗り心地などにも気を配っていたり、ビジネス上時間厳守が必要な場面では、道に詳しいこと、交通情報の把握が大事です。最近は海外から来る利用者も増加傾向にあり、接客をする上で英語や中国語が使えるドライバーが増えてきています。外国人はビジネスだけでなく観光目的の場合もあり、見知らぬ土地で公共交通機関の利用は難しいためハイヤーをよく利用しています。そのため、観光スポットに関する知識を持つドライバーいます。ハイヤーは様々な面で利便性に優れています。